2009.02.03

亀甲竹・・・。


何年か前に 垣根から道路に はみだしている亀甲竹のある工務店があったのだが
その珍しい貴重な 竹が欲しくて ご主人に切る時が有ったら 少し下さいと お願いしていた

そして 久しぶりに 車で通ったら竹を全て 抜いてコンクリートになっていた!!

でも 2本だけ 取り置いて下さいました その亀甲竹で花器や ペン立てなどを作って
キリプレなどに使って 家にあるのは この二つだけ・・・


20070123132733.jpg


でも 虫に喰われた部分や切って出た半端の竹も 捨てるのは勿体ないので取っていました。



スナップ 009


この竹で印を彫ります こんな半端ですから 彫るのは小さな かな一文字です。
しっかりした竹で亀甲竹の独特の節の部分が
ちょうど 人差し指の根元に当たり 持ちやすくて捺しやすいんですよ。


スナップ 010

      ここでも OLFAの両面カッターが活躍するのですよ



chikuin.jpg


     昔 彫った『あ』の印です。







関連記事

この記事へのコメント
めぐみんさん  印刀を使います。
手が滑ると指を切りますから印床に挟んでから彫ります

安物の印床を使ってますけどね(^^);
Posted by シニア at 2009.02.05 18:35 | 編集
こんばんは。
亀の甲羅のような、節が出てるんですね。

私も、この間、椿の小枝に彫ろうとしたのですが、
硬くて、うまく彫れずに、苦労しました。

竹を彫るのは、篆刻用の彫刻等なのでしょうか?
Posted by めぐみん at 2009.02.05 18:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する