2009.12.25

風船を使って・・・。


富岡製糸場の糸巻きは絹糸などを巻いていた。

絹と言えば蚕の繭玉・・・

この感じをイメージして イタドリの茎を攪拌して膨らませた風船に重ねていった。

もう ひとつ作った 間接照明用の工程。




スナップ 003
 ☆ 紙料




5002.jpg
 ☆ 風船に 塗り重ねて 天日干しで乾燥させる。




5004.jpg
 ☆ 乾燥したら 風船をパンクさせて 完成です。



点灯させた 画像は 明日・・・・。


☆☆☆ メリー クリスマス ☆☆☆





関連記事

この記事へのコメント
nikkiさん なかなか良いでしょ?

風船は グラグラするし、紙料を重ねるのにも苦労した・・・
Posted by シニア at 2009.12.26 13:18 | 編集
夢心さん  この風船を使って作る・・
これは昔 図書館で見て いつか作ってみたいと思ってたんです。

でも 難しい、、、、 
風船に空気を入れ過ぎたのかな・・・?

でも 糸巻きには合ってるかも知れませんね。
Posted by シニア at 2009.12.26 13:17 | 編集
繭玉のランプ。へえ~すごいなあ~
イタドリ。。。。これ葉書にしたら何枚分なのかなあ~
なんて考えちゃったよ。

merry christmas!!


Posted by etegaminikki at 2009.12.25 23:21 | 編集
ドンドン出来てますねー。
流石アイデアの宝庫です。
素敵ですよ。

先日の和紙のランプシェードも素敵です。
Posted by 讃岐の夢心(むしん) at 2009.12.25 19:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する