2010.03.13

瓦當。

先日 久しぶりに お会いした 松尾ちゑ子さんと話をしていて「今年は教室では線の勉強に
瓦當を描かせようと思っている」との事を聞いて「中国瓦當芸術」の本、上下巻を持ってるのですが
私が持っていても「豚に真珠」で 松尾さんにプレゼントしました。
かなりの数の 丸瓦當や半瓦當が掲載されています 

         book.jpg



発送の前に版画板に4点 スケッチをしておきました。

そのうちの 2枚を彫り 拓刻版画に、 まだ言葉は入ってませんが・・・。


スナップ 101




SAVE2773.jpg






関連記事

この記事へのコメント
シャコ親子さん 版画板は安いですからね たくさん買ってます。
消しゴムで この大きさだと高いですから・・・

やはり 木ですから 木目に逆らわないように彫るのが コツのようです。
Posted by シニア at 2010.03.14 18:18 | 編集
シニアさん、上手です。
以前、消しゴムハンコのハガキの大きさで
彫ったことがあるのですが、いまいちでした。
こんなに、上手に味わい深くできるのですね。
なんで、なんでですかねー。
いいですよ。
Posted by シャコ親子 at 2010.03.14 14:11 | 編集
きゅうママさん 瓦當は 松尾さんの影響で 昔、ガンガン描いてたよ~。

版画にするのも いいね・・・。
Posted by シニア at 2010.03.14 12:28 | 編集
あねごさん 瓦當は いいモチーフになるよね~!

板も 彫りやすいよ。
Posted by シニア at 2010.03.14 12:25 | 編集
うとうとさん  何を 書いたら いいでしょうね~。

やはり 墨で書いた方が良いよね・・・。
Posted by シニア at 2010.03.14 12:24 | 編集
版画板でも、面白い刷り跡になるんですね~♪

瓦當・・・研究会で苦労したのよね・・・。
なかなか、思うように描けないのよ~!
Posted by きゅうママ at 2010.03.14 09:39 | 編集
流石シニアさん!!
味があるわぁ~~

瓦當。拓刻版画にぴったりですね♪
Posted by あねご at 2010.03.13 22:06 | 編集
シニアさん ちょうど いい時に ブログを開きました。
だって 言葉が入ってないんだもん。
どんな 言葉を書くんだろう。
どんな 字で書くんだろう。
楽しみ 楽しみ♪
今度 開いた時 ・・・
では また来ますね(*'ー'*)/~~
Posted by うとうと at 2010.03.13 21:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する